クレジットカード会社に気をつけよう

- クレジットカード会社に気をつけよう

クレジットカード会社に気をつけよう

クレジットカード現金化もこれからもますます広まりそうです。
というのも、金利もかからずにお金も手元には入りますし、少額から上限は低いですが何百万といった額までできるので、利用者には魅力的といえます。

クレジットカード現金化と答えてはいけない

クレジットカードをつかった現金化は、特別違法ではありません。現金化を行っても、捕まるなんてこともありません。
また、現金化も現金化会社を利用して行うこともあれば、自分で何かをかってそれを転売もよくある現金化の方法とも言えます。よくあるのは、金券や新幹線などの回数券を購入して、金券ショップなどに売るというのが一般的な転売とも言えます。
ところがこうした転売やまたクレジットカードの現金化会社をよく利用していくと、もしかするとクレジットカードの会社から問い合わせの連絡がくるかもしれません。買った商品や用途などについて聞かれるなんてケースも実はありえます。
そんなときに現金化と答えてしまうとクレジットカード会社から、利用停止なんてことにもなりかねません。
万が一、クレジットカード会社から、問い合わせをされた場合でも、現金化目的とは答えないようにしましょう。

クレジットカード現金化は、ほどほどに

さもそもクレジットカード会社はなぜ急に連絡をしてきたりもするのでしょうか。
それは、クレジットカードでは購入した履歴を分析しているからです。これまでよりも急に使う回数が増えたり、その内容がこれまでと違いすぎたり、関係がなさそうなものを何度も買っているようだと、これは念のためにと確認をとるようです。
地域の違う新幹線の回数券を何度も買っていたりすると、確認をしなきゃとなってくるようです。
そして、それが確実に現金化とわかるようだと、クレジットカードの利用停止に踏み切るなんてこともありえるのです。
利用停止になると、現金化もできなくなってしまうので、現金化もほどほどにしておく方が安全と言えるでしょう。

もしも問い合わせされたら

もしもクレジットカード会社から問い合わせが来たら、プレゼントのためや自分が使うためと答えましょう。
やはりクレジットカードの現金化会社を利用した方がうまくいきやすいとも言えそうです。

ページ上に戻る

Copyright © 2017 クレジットカードの有効利用法とは?賢い現金化の使い方! All Rights Reserved.